医者

腎臓病には食事療法が大切

男女

腎臓病は日常生活の中で食事制限をすることが大事です。毎食家庭で腎臓病食を作るのは大変なので、宅配弁当を頼むのがおすすめです。腎臓病食の宅配弁当は管理栄養士がきちんと栄養管理しており、おいしいので人気があります。

Read more...

お弁当の宅配サービス

お弁当

病気のため食事制限が必要な方は健康宅配のお弁当を利用すると便利です。きちんとカロリーが計算されているため安心して食べることができます。お弁当のおかずも味付けが工夫されているため飽きずに食べることができるのも魅力的です。

Read more...

腎臓が悪い方の食事

腎臓が機能低下したら

医者

腎臓病の食事療法は進行度によって変わっていきます。腎臓病と診断された場合、自分がどれに当てはまるのかを医師に確認し、指示に従いましょう。まずは、まだ腎臓の機能が半分以上残っている場合です。腎臓病のステージでいうと、1と2に当てはまります。もちろん、食事療法は必要ですが比較的始めやすいものです。塩分とたんぱく質の制限となります。たんぱく質は肉、魚、卵などに多く含まれておりメイン料理に欠かせません。あめり多く取りすぎると、腎臓に負担がかかるため取りすぎに気をつけましょう。塩分は味噌汁や麺類などに多く含まれています。毎食味噌汁を飲む習慣の方は回数を減らし、麺類の汁は飲まないようお勧めします。味付けも出来る限り薄味にしましょう。

さらに進行した場合

腎臓の機能が半分以下になってしまったらステージ3以上ということになります。腎臓病の自覚症状はあまりありませんが、ステージ3になるとご自分で不調を感じる方も出てきます。ここまで進行してしまうと食事療法にカリウム制限が追加となります。カリウムはたくさんの食べ物に含まれています。特に多いものは野菜、果物、乳製品などです。一見、体に良さそうな食材ばかりですが、腎臓病の食事療法では注意しなければなりません。カリウムは水に溶けやすい性質を持っています。それを利用し、食材を茹でこぼすと多くのカリウムが煮汁に溶け少なくなります。ですから、カリウムの多い食材はたっぷりの水で茹でてから調理するようにしましょう。もちろん、たんぱく質と塩分の制限も続けていきます。

適切な栄養を摂取する

お年寄り

栄養療法は体に不足している栄養素を食事やサプリメントで補うことで病気の治療や予防に役立つため人気があります。どの栄養素が不足しているかは血液検査で調べることができ、医師の指導のもとに天然の医療用サプリメントを摂取します。

詳細を確認する...